MESSAGE ご挨拶

「人々の生命と健康にかかわる企業の一員である」という
自覚と誇りをもって常に挑戦し続けます。

当社は、兵庫県伊丹市を拠点に80年に及ぶ実績を積み重ねてきた無菌製剤の製造技術を基盤として、治験薬から実生産品まで医薬品及び医療機器の研究開発受託・製造受託に幅広く対応するCDMO機能とジェネリック医薬品の開発・製造機能のふたつの機能を柱に事業を展開しております。

当社の前身である帝国化学産業は1938年設立で、グループの製造会社再編に伴い2001年に帝国化学産業の製剤関連事業をナガセ医薬品が引き継ぎ、開発と製造に特化した体制を構築、2020年10月にはシオノギグループの傘下に加わり、シオノギファーマ株式会社の子会社として新たな体制にてスタート致しました。

近年は抗がん剤を中心とした高活性注射剤の開発機能・製造機能の強化・拡充に注力しており、2013年2月に高活性対応のバイアル注射液剤製造棟を新設、2017年12月に凍結乾燥バイアル注射剤製造棟を増築・併設し、最新の技術を導入した製造ラインを構築しています。

今後も、シオノギグループの機能を活用し、高活性注射剤事業を中心にお客様のニーズや医療現場のニーズにタイムリーかつスピーディーに対応していくため、技術力・開発力により一層磨きをかけるとともに、グローバル展開に向けた体制整備、DDS技術による高付加価値製剤の開発・製造など、更なる機能強化や新たな技術の獲得に向けて継続的に取り組んでいく方針です。

わたくしどもナガセ医薬品は、患者様の安心・安全に貢献できる医薬品を提供し続けるために、社員の一人ひとりが「人々の生命と健康にかかわる企業の一員である」という自覚と誇りをもって常に挑戦し続けます。

ナガセ医薬品株式会社
代表取締役社長
赤坂 満

シオノギファーマ株式会社WEBサイト